ノヴァンタ ガルバノ 走査型 レーザスキャナ製品は(一般にはガルバノミラー、ガルバノスキャナとも呼ばれています。)ミラーを高速、高精度に駆動させ、光を走査、位置決めするというユニークな技術製品として、さまざまな光応用分野に利用されています。また、原理、特性の異なるものとして、レゾナントスキャナもあり、用途に応じて使い分けられています。NOVANTA Japan ノヴァンタ・ジャパン

TOP


レーザスキャナ用のデバイスは多種多様な方式がありますが、なかでもその精度、高速性、分解能、操作性、コストパフォーマンスに優れた光学ガルバノメータスキャナはレーザ機器をはじめとする多くの光走査アプリケーションに有効な解決策を提供し、重要な機能部品として広く普及しています。ノヴァンタ スキャナグループは1968年米国マサチューセッツ州で光学ガルバノメータスキャナの専門メーカ(ジェネラルスキャニング社)として創業。以来、光学スキャナは40年以上にわたりレーザマーキング・溶接・穴あけ等レーザ加工装置、電子部品・半導体製造検査装置、マシンツールなどの産業機器から、医療機器・バイオメディカル用途までさまざまなレーザアプリケーションでご使用いただいております。

2009年1月1日−ケンブリッジテクノロジー社(米国Lexington, MA) とノヴァンタグループ ジェネラルスキャニング社 (米国Bedford, MA) が合併しました。光学スキャナ製品のマーケットリーダとしてレーザ応用技術の発展に貢献するケンブリッジテクノロジー社とジェネラルスキャニング社の合併により、両社の革新技術と高精度製品を安定的に量産する生産技術が融合され、より優れたスキャナ製品・アプリケーションの要求に応じた解決策を提供することが可能になりました。今後も最先端のレーザアプリケーションの対応に向けてさらなる革新的な光学スキャナ製品・サービスを提供してまいります。お客様の高度なレーザシステムにガルバノスキャナ製品をお役立てください。



デジタルエンコーダ
ガルバノスキャナ
LightningII
Digital Encoder Scanners 
  new

ノヴァンタはこれまでにない超高精度加工と高速加工走査を同時に実現したフルデジタルエンコーダタイプのガルバノスキャナLightningIIをリリースしました。(略して LII , エルツーと呼んでください。)デジタルガルバノLII は超高分解・超低ドリフト光学エンコーダを位置センサに搭載、これまで実現が困難であった超高精度加工のアプリケーションに対応します。第4世代の超高効率M POWER MOTOR (MPM)モータを搭載。各種波長の14mm・20mm・25mm・30mmのビーム口径用ミラーを標準ラインアップ。中口径・大口径ビームアプリケーションの高速加工を提供します。
XY2軸用のデジタルガルバノに加え、3軸制御用フルデジタルダイナミックフォーカスシステムも同時にラインアップ。fθレンズを使用した2軸加工はもちろんのこと、fθレンズでは対応困難な広範囲フィールドサイズのアプリケーションにも対応。広範囲で高精度な加工を必要とするさまざまなアプリケーションに対応します。

詳しくはこちらへ